梅毒

クラミジアや淋病の他にも性感染症があります。
その代表的な性感染症の一つに『梅毒』があります。
最近では、性行為以外にもオーラルセックス(フェラチオ)からの感染が増えています。
梅毒感染者との性行為やオーラルセックスで梅毒に感染する確率は15~30%と言われています。
比較的感染しやすいのが特徴で、口周辺に傷口やケガなどをしていると、キスだけで感染することもあります。

梅毒の第一症状
梅毒に感染してしまうと、感染から3週間~3ヶ月で、感染した場所に小さくて硬いシコリができます。
シコリのはそのままにしていれば自然になくなります。
ですが、治療をしないと、梅毒トレポネーマは体内に広がってしまい、梅毒が進行してしまいます。

梅毒の第二症状
第二症状は感染から3ヶ月~3年で症状が出ます。
梅毒トレポネーマが血液から全身に広がり、全身のリンパの腫れ・関節痛・発熱などの症状があらわれます。
全身の皮膚に赤いアザのような斑点があらわれます。
「バラ疹」という症状です。
また、バラ疹の他にも赤茶色のブツブツしたものができることがあります。
第二症状も、治療をしないで放置していれば自然に症状はなくなりますが、しばらくは無症状が続きます。

梅毒の第三症状
3年~10年で全身に回った梅毒トレポネーマが皮膚、筋肉、内臓、骨などにまで侵食します。
皮膚や体内に「ゴム腫」と言われる固いシコリやコブ状の腫れをつくり、周辺の組織を破壊てしまいます。
また、ゴム腫以外にも大きな潰瘍が皮膚にあらわれたり、全身の血管に炎症を起こします。
さらに悪化すると「神経梅毒」になってしまい脳や脊髄に症状が出ます。
ここまで梅毒が体内に入り込むと生命が危険になります。

梅毒の第四症状
第四症状は今ではほとんど見ることはありませんが、ペニシリン系の抗生物質がなかった時代には命を失う人も多かったそうです。ここまで梅毒の症状が進行してしまうと、治療法はありません。

梅毒に有効な治療薬
アンピシリンは梅毒に有効なペニシリン系の抗生物質の中でも使用頻度が高いです。
殺菌効果が強いのが特徴で、治療効果が高く、短期間で細菌を殺傷する優れてた抗生物質です。
梅毒以外にも子宮内感染・皮膚炎・急性気管支炎などにも効果のある抗生物質です。

梅毒に感染するとHIV(エイズウイルス)などにも感染しやすくなります。