淋病

淋病は淋菌が原因で発症する性感染症です。
感染率が高いのが特徴です。
性行為(コンドーム不使用)やオーラルセックス(フェラチオ)などで粘膜に感染してしまいます。

感染者と性行為やオーラルセックスをすると感染率は約30%と高く、同時にクラミジアなどの性感染症にも感染していることが多いです。淋病の感染者は減少していましたが、 1990年代ごろから感染者数が増加しています。

淋病に感染してしまうと、数日で発症します。
自覚症状が出ない場合も多くあります。
男女とも性器以外にも喉(咽頭)や直腸などに感染します。

男性の場合
尿道に感染することが多く、淋菌性尿道炎になった場合、排尿時に激しい痛みがあり、黄色っぽい膿がでます。 排尿時の激痛を言葉に表すと、『カミソリ等の鋭利な刃物をひねり出しているような痛み』と言われています。
(自覚症状が出ないこともあります。)
治療をしないで放置していると痛みや膿などは治まりますが、菌は体内に残っていますので、菌が体内に広がり、生殖器の炎症を起こします。最悪の場合は、無精子症(子供が作れない状態)になることがあります。

女性の場合
膣から子宮あたりに炎症を起こします。
オリモノの増加・悪臭などの症状が出ますが、約80%の女性には自覚症状がないと言われています。
治療をしないで放置していると菌が体内に広がってしまい、不妊の原因となってしまいます。
妊娠中に感染してしまうと胎児は出産のときに淋菌に感染します。
多くは眼に感染していて最悪の場合は失明してしまう可能性があります。

咽頭淋病の感染率
女性に多い症状です。
咽頭淋病はフェラチオ等のオーラルセックスで感染することが多く、男性から女性に感染するケースが多いです。
感染してもほとんど自覚症状がありません。
性器に淋病が感染した場合
男性の咽頭淋菌感染率12~29%
女性の咽頭淋菌感染率33~70%
性病の症状が出た場合は咽頭に感染している可能性が高いです。

淋病に効果のある治療薬
アンピシリンはペニシリン系の強い殺菌効果に優れている抗生物質です。
主に淋病に効果がありますが、殺菌効果に優れているため、他の感染症(尿路感染症、扁桃炎、中耳炎、副鼻腔炎などに多くの治療に使用されている)にも有効な抗生物質です。
女性の場合は症状が出にくいので、定期的に検査をすることをおすすめします。
病院やクリニックに行くと診察料もかかってしまいます。
最近では自宅で簡単に検査ができる『淋病検査キット』もあります。